ブログ

せきやのどの痛みに

秋に入り、朝晩は、風も冷たくなってきましたね。これからの季節は、乾燥も気になる時期かと。
乾燥による、のどの痛みやせき込み、今は、マスクをしているとは言え、周囲の目も気になるかと思います。うがい、水分補給、あめやガム等で
しのぐ方も多いかと思います。

 

 

そんな方へセルフケアの一つに取り入れてみてはいかがでしょう!?

それは、アロマ(精油→セイユ)を使ったセルフケア!

 

 

 

アロマ(精油)には、殺菌・消毒作用がある物もあります。

せき・のどに効く殺菌・消毒作用のある精油は、例えばこんな物があげられます。

 

・ティートゥリー(シャープな香り)
高い殺菌作用。呼吸器系のトラブルに良い

 

 

・ペパーミント(メントールの香り)
鼻詰まり、花粉症、吐き気、乗り物酔い

 

 

・ローズマリー(ハーブの強い香り)
さまざまな器官の働きを活性化して体を温める

 

 

・カモミール・ローマン(フルーティーで甘い香り)
安眠へ誘う精油、痛み全般に良い

 

 

・ジンジャー(スパイシー)
のどの痛みを和らげる、体を温める、発熱を鎮める

など他にも沢山あります!

 

これらお好きな精油を利用して、『芳香浴』、『吸入』、『マッサージ』の何か1つをセルフケアに取り入れてみてはいかがでしょう?

★セルフケアの方法★

 

『芳香浴』
ティッシュやコットンに1滴たらすだけ。枕元に置いてとくとほのかな香りが漂いリラックスできますよ。
※シミになってしまう事もありますので、ティッシュや何か布などを敷いた方がいいかと思います。

 

『吸入』
洗面器にぬるま湯をはり、アロマを1滴~2滴入れます。タオルを頭から被り、洗面器から少し顔を遠ざけて香りを嗅いでみてください。
保湿効果も期待できます。

 

『マッサージ』
ワセリン(30g)やベビーオイル(30ml)にアロマを2滴~3滴たらし、よく混ぜます。
首から鎖骨の辺りまで手のひらで軽く撫でてマッサージ。
香りの効果でリラックス。首肩の疲れも和らぎ、のども楽に。

 

 

 

★アロマの組合せにより、効能が違ってきます。
詳しくお知りになりたい方は、『アロマテラピー・バイブル』成美堂出版という著書を一部参考にしておりますので、そちらを是非、参考になさって下さい。

注意!!
アロマ(精油)は体調や体質により使用を控えた方がいいものもあります。
皮膚が敏感な方は特に注意が必要です。