ブログ

夏のお風呂の入り方 気をつけたいポイントとは?


こんにちは。
今年はちょっと長めの梅雨。でもそうはいっても夏はやってきます。

当然のことながら夏ですから暑いですし汗も沢山かきます。

 

 

汗をかけばお風呂にはいりさっぱりさせます。
で、ここでよく言われるのが「夏でもクーラーや冷たい食べ物などで体が冷えているから湯船につかりましょう~

シャワーだと体が温まらないからあまりすすめません~」とかなんとか・・なんて聞きません?

 

 

 

 

 

これ夏のお風呂の入り方の注意点があるんです。夏場は沢山汗をかく→水分補給→汗をかく→水分補給と
いう具合に体の中ではフル回転で循環させています。その仕事をしているのは「腎臓」。

 

 

夏場の腎臓は大忙しで、かなりの疲労でヘトヘトです。腎臓が疲れてくると、体は当然だるくなってきます。

そんな中体が冷えているからと言って熱いお風呂にはいったらどうなるでしょうか?
ただでさえ夏場の暑さで一生懸命働いてる腎臓は熱い風呂でまた疲労します。

 

 

良かれと思った風呂が、上がってきたら体がさらにダル重くなったなんてことになります。

 

 

決して湯舟につかってはいけないということではなく、湯銭は暑すぎず、また長湯は控え、さっと入る程度がよいでしょう。

またあまりにも体の疲労が強い時はシャワーの方がおすすめです。

 

 

 

上手にお風呂に入って疲れを取りましょうね。