ブログ

アルコール消毒液はうすめるのはNG

昨今、とても手に入りにくいアルコール消毒液ですが、
代替えとしてご自身で配合なされたりして作られる方もおられますが、有効な含有量などもご存じでしょうか?

 

 

以前はアルコール濃度が70%のものが良いと言われていましたが、現在では60~90%の範囲であれば、消毒の効果にさほどの違いは無いと言われております。

アルコール消毒液(エタノールを薄める等)を持っていられるのに、「精製水」などを混ぜて使用する方が多数おられ、

それにより、医療機器につかわれている精製水が品薄状態になっているそうで、絶対的に必要な方に行きわたらない事態になっているとのことです。
皆がこぞって愚行に走れば、集団的なパニックに陥ることもあります。

 

 

 

何事も「貧しても鈍さず」と考え、「先ず隗より始めよ」と、身近(自分と家の物)なところを「一から」簡単に考えていきましょう。

消毒液以外にも普段家庭で使っているもので有効なものがあります。
それは「塩素系漂白剤」であり、家庭にある漂白剤を薄めて使います。

 

 

ここに厚生労働省からでているリンクを張り付けておきますので、身の周りの簡単な消毒の参考にお役立てください。
https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/0327_poster.pdf